WINDOWS XP SP3のUSB統合インストールディスクの作り方

VAIO TYPE PにXPを再インストールする際に、SP3のインストールディスクをUSBにメモリで作ってみました。

用意するモノ

ダウンロードしておくもの

1)Windows XP Service Pack3ネットワークインストールパッケージ

2)バッチファイル

3)WINTOUSB

4)Daemon Lite

買っておくもの

5)WNDOWS XPのインストールCD(僕の場合はSP2)

6)USBメモリ(1GB以上)

1.DAEMON LITEをインストールして再起動。

2.1)でダウンロードしたSP3のインストールパッケージと2)のバッチを解凍したモノを同じフォルダに置く。

3.makeiso.batをメモ帳とかテキストエディタで開いて、SP3をおいてあるフォルダパスとCD-ROMドライブのドライブ名を変更

4.CD-ROMドライブにXPのCD-ROMを入れて、makeiso.batを実行

5.できあがったwinxp_sp3.isoをDAEMONでマウント

6.USBを挿して、wintousbを起動。

7.マウントしたwinxp_sp3を指定してあとは同意したり、指示に従う。

8.しばらく待ったら、WINDOWS XP SP3のインストールUSBメモリが完成。

TYPE PのXP化 USBメモリを刺さないと起動しない件

訳あって、せっかくダウングレードしたXPをもう一度セットアップしなければならなくなりました。

また、USBを挿さないと起動しなくなりました。

そのままHDから起動すると

起動時に ntoskrnl.exe や hal.dll が見つからないと言われます。あとは、ハードウェア構成がだめとか。

wintoflashで作ったUSBを挿し、電源を入れてすぐのVAIOと表示される画面でF11を連打して、 hal.dll が見つからないときはこちらみたいな行の下の行を選んで起動すると、立ち上がります。なんかセキュリティ上よいのかもしれませんが、すごく面倒です。

前回の通りやっているつもりですが、うまくいきません。

USBを挿してXPをなんとか起動して、boot.iniを見てみました。工場出荷時のリカバリーのエリアを消さずにCドライブにXPをインストールしたのがいけなかったんじゃないかと。

リカバリーエリアがあって、その次にCドライブがあるというイメージのはず。

multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS”Microsoft Windows XP Professional” /fastdetect

たぶん、この1ってのが、本当は2なんじゃないかなと思いまして、

multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS”Microsoft Windows XP Professional” /fastdetect

にしてみました。1→2にしただけです。

USBを抜いて再起動。で、普通に立ち上がりました。

ここを参考にしました↓

http://hosp2a.hp.infoseek.co.jp/experiment/test3.html

NEXUS ONEを日本から購入するの巻

GOOGLEケータイ NEXUS ONEが発売開始されましたが、日本では買えないとのこと。

EXPANSYSとかで予約は55,932円で開始しているみたいですが、本家サイトから買いたい方は、こちらの人柱へ。

現状の制限は

1.IP制限がされている

2.発送先の住所が制限されている

ということは、解除方法は以下の2ステップ。

1.IP制限回避の常套手段、HotSpotShieldをインストールして、ONしてアクセス。

Macユーザも、GATESユーザも対応。

2.米国あたりの転送私書箱サービスをつかって、一旦米国に届けて、そこから転送してもらいましょう。

ここで、クレジットカード発行国の制限というアップルストア的な制限がかかっているとNGですが。

自慢できるのは今だけです。さあ、急げ!今、人柱にならずして、いつなるのだ!

っていうか、NEXUS ONE自体は欲しいと思わないんだけど、制限があると買ってみたいと思っちゃうんですよね。ずいぶん前に米国で転送用の私書箱は契約してあったりしますし。

WINDOWS XP SP3にOFFICE 2007 ENTERPRISEがインストールできない件

OFFICE2007インストール時に、「保護されたwindowsファイルを更新できません」というエラーが出て、インストールが中断されてしまう件。
VAIO TYPE PをXP化(WINDOWS XP SP3)したので、OFFICE 2007 ENTERPRISEをインストールしたところ、何度やってみても「保護されたwindowsファイルを更新できません」というエラーで止まってしまいました。
マイクロソフトのサイトでも見つからず、ウェブでも見つからずでしたが、個人の方(URLは忘れた)が、同様のトラブルを解決されていたので、それを参考に
インストールCDから「fp4autl.dll」をC:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\40\binに無理矢理コピーしてから、インストールしたら、なにもなかったようにインストール完了。
これって、バグですよね?っていうか、再現性の低いバグなんでしょうか?
ちょっと落ち着いたら、VAIO TYPE PでうちのMSI WIND U100に続き、OSXとのデュアルブートの夢に挑戦したいと思います。

OFFICE2007インストール時に、「保護されたwindowsファイルを更新できません」というエラーが出て、インストールが中断されてしまう件。

VAIO TYPE PをXP化(WINDOWS XP SP3)したので、OFFICE 2007 ENTERPRISEをインストールしたところ、何度やってみても「保護されたwindowsファイルを更新できません」というエラーで止まってしまいました。

マイクロソフトのサイトでも見つからず、ウェブでも見つからずでしたが、個人の方(URLは忘れた)が、同様のトラブルを解決されていたので、それを参考に

インストールCDから「fp4autl.dll」をC:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\40\binに無理矢理コピーしてから、インストールしたら、なにもなかったようにインストール完了。

これって、バグですよね?っていうか、再現性の低いバグなんでしょうか?

ちょっと落ち着いたら、VAIO TYPE PでうちのMSI WIND U100に続き、OSXとのデュアルブートの夢に挑戦したいと思います。

VAIO TYPE P 今更XP化

VGN-P80H/W with VISTAがあまりにも遅くて使い物にならないので、とりあえずXPにダウングレードしてみました。結構大変だったので、またやらなきゃならないときのために備忘録。

ITメディアの記事を参考にすると

ステップ1:Windows XP用VAIOソフトウェアをダウンロード

ステップ2:Windows XP用VAIOソフトウェアを外部記録メディアに展開

ステップ3:Vista復帰用のリカバリディスクを作成

ステップ4:Vista上で必要なデータをバックアップ

ステップ5:BIOSアップデート(VGN-P90NS・P90S・P90HS・P80H/W・P70H/R・P70H/G・P70H/Wのみ)

ステップ6:Windows XP SP2またはSP3をインストール

ステップ7: ネットワークドライバをインストール

ステップ8:Windows XP SP3をインストールする(ステップ4でSP2をインストールした場合)

ステップ9:VAIOソフトウェアをインストール

ということですが、

ステップ1~4はそのまま。

ステップ5で

ステップ2で外部メディアに展開した

VAIO>XP_Downgrade>VGN-P>BIOS>EP0000182076

を開きます。

で、まずはストップ。

VAIO>XP_Downgrade>VGN-P>Drivers>Graphics_Driver_Intel

の中身を全て削除して、工人舎のページのここからダウンロードしたファイルを入れます。

次にvaiop_wireless0.3人柱をからダウンロードしておきます。

で、VAIO>XP_Downgrade>VGN-P>Utility>Wireless_Switch_Setting_Utilityをフォルダごと削除しておきましょう。

僕の場合にはWWAN+GPSが入っているため、トレードオフのワンセグが入っていないので、VAIOフォルダから、ワンセグ関連とかのソフトはいらないので捨てておきます。

WINDOW整列ユーティリティvbsを

ここ からダウンロードしておきます。

で、準備が整いましたので、STEP6へ。

WINDOWS XP SP3のインストールディスクを用意して、外付ROMドライブを使ってインストールの予定でしたが、全く壊れてもいないのに、我が家のDVSM-P58U2が認識されない。
(普通に認識される方は、普通にインストールしちゃってください。)

困りました。

ここからは、外付けROMドライブを持っていない、もしくは、不幸にも認識しない方用

USBメモリを用意します。

他のWINDOWSのロムドライブがついているマシンで

WIN2FLASHをこのへんからダウンロードして、USBメモリをさして、WINDOWS XP SP3のインストーラディスクをROMドライブに入れて、ダブルクリック。

指示に従っていけば、USBがブートディスクになります。

TYPE PにUSBメモリをさして起動。

VAIOマークが出たタイミングでF11を押して、USBから起動して、インストール。
途中で、再起動しますが、その際にも、F11でUSBから起動させないとエラーになることがあります。

無事、インストールが終了したら次のステップへ。

「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:Windows\System32\Hal.dll」とかなってしまって起動しなくなったら、(なぜかこうなりました)となったら、とりあえず、回復コンソールで復活の呪文を打ってboot.iniをREBUILDしたらなんとかなりました。

詳しくはmicrosoftのページのここ の問題3を参照してそのとおりにやってみてください。

さて、XPがインストールが終わりました。

VAIO>XP_Downgrade>VGN-P>setup.exeをダブルクリックして、純正のソフトとかドライバをインストールします。自動で再起動した後、待っていると次々とインストールが進んで終了します。

vaiop_wireless0.3人柱を解凍し、「Program Files」にフォルダごとコピーしたあと、 本体のショートカットをスタートアップにコピーします。

WINDOW整列ユーティリティvbsのzipを解凍して、フォルダごとProgramfilesに移動。
Sボタンを長押しして、S2ボタンはアプリ起動を選択して、詳細設定。

アプリケーションには、C\WINDOWS\system32\wscript.exe

オプションには、C\Program files/windowsortbutton/ウィンドウ整列(Sボタン).vbs

とりあえず、ここで一通りXP化が終了。

非常に軽快な動きになります。

(自己責任でお願いします。)

iPhoneパケット定額でPCからインターネット常時接続する

iPhone OS 3.0から、テザリング機能がつきました。ずっとNOKIA E71 with joiku premiumとか、イーモバイルを持ち歩いていたので使っていなかったのですが、周りの人たちが、iPhoneでテザリングをはじめて非常に便利だと言っているので、僕もやってみようかと。iPhoneリセットしちゃったりしたときのために、ここにまとめておきます。

(まねする人は、自己責任でお願いします。)

ちなみにテザリングとは、はてなによると

スマートフォンをモデムとしてPCをインターネットに定額で常時接続させること。

で、SoftbankモバイルのiPhoneは、このテザリング機能が使えなくされています。これをみなさん外して、PCからbluetooth接続でiPhoneにつなぎ、iPhoneのパケット通信でインターネットに出て行っていらっしゃいます。

この方法を使うと、どんなにPCでインターネット接続しても、パケット定額フル対象のPCダイレクト(名前は非常にわかりづらいですが、3G で通信した際にかかるパケット料金のこと)となり、現在のところ5700円で使えています。(今後SBMが方針を変える危険性はあります)

方法は、非常に簡単。

OSのバージョンが3.1未満の方

このページをiPhoneで開いて、下記のリンクをiPhoneでクリックするだけ。もしくは、PCで以下のリンク先をDLして、メールでiPhoneに送って、クリック。

jp_softbank_iphonepacket_usims.mobileconfig

消されちゃったときのために、ミラーを作っておきました。

ミラー

iPhoneでクリックすると、プロファイルのインストール画面になりますので、インストールボタンをクリックしたら、終了。

設定>ネットワーク>テザリングという項目ができているので、そこでONにするだけで、テザリング環境はできあがっています。

OSバージョンが3.1以上の方

僕の場合、3.1.2で、ベースバンドも最新にしていたので、3.1から対策されてしまっていて、上記の方法がとれませんでした。

こちらは、少しだけ時間がかかります。(手順は簡単です)

そしてJail Breakが必要です。(WINDOWS前提ね)

まず、XPかVISTA(7でもいけるとは思いますが)の走っているPCを用意。

1)http://blackra1n.com/でblackra1nをダウンロード(PCで)

2)タスクマネージャー(CTRL+ALT+DELETE)から、itunes helper.exeを終了する

3)iPhoneをUSBで接続してblackra1nを起動

4)make it ra1nのボタンをクリック(PC上で)

5)しばらく待っていると、iPhoneが再起動されて終了

HOME画面に、blackra1nのアイコンがあれば、とりあえず成功です。

6)iPhone上でblackra1nをタップして起動

7)Cydiaを選択してインストール

8)Cydiaを起動して、必要ならアップデートとかをして、落ち着いたら、searchでiphone-notesを検索し、iPhone-Notes.de’s Sourceをインストールする。(これでレポジトリが登録されました)

9)再びCydiaでsearchにtetheringを検索します。

3Gの方は、Tethering 3G-3.1.2

3GSの方は、Tethering 3GS-3.1.2

をインストール

10)このページにiPhoneでアクセスして、ページ上方のリンクから、プロファイルをクリックすると、インストール画面になるので、インストールボタンを押して終わり。

設定>ネットワーク>テザリングという項目ができているので、そこでONにするだけで、テザリング環境はできあがっています。

以上設定終了です。

あとは、iPhoneとPCをbluetoothでつなげば、ポケットの中、鞄の中に、iPhoneが入ってる状態で、PCを立ち上げれば、即インターネット接続です。

思ったよりは、電池の持ちのよいです。ただ、いつソフトバンクが対策をするかがわからないので、自己責任で。

iPhoneに関する質問にまとめておこたえ

忙しくて、全くブログをチェックしていなかったら、コメントにたくさん質問が溜まっていたので、まとめてざっくり返信します。

みなさん、興味はnokiaよりiPhoneみたいですね。
という僕も3.1.2でテザリングが可能になってから専らiPhone+typePですが。

まずは、1番問い合わせが多いドコモでの質問に対して

データカードの通信プランはたぶんiPhoneには関係ありません。
香港iPhoneでもjailbreak後のsim unlock iPhoneでも定額上限は13650円が最安値だと思います。

ちゃんとプランを選んで、正しく設定した場合だけです。
ちゃんと設定してないとか、プランが異なると青天井ですので、注意。

不安な方はドコモで聞きましょう。
間違った使い方じゃないので、たぶん教えてくれます

次に質問が多い、海外iPhoneをソフトバンクで使う件ですが、定額が適用されるプランに入れば、定額アクセスポイントがプリセットされているので、設定はいらないはずです。

銀SIMですが。

これも正直にソフトバンクショップでプランの相談をすれば教えてくれると思いますよ。

VAIO TYPE Pをsim unlockしてソフトバンクや海外SIMで使おう 

今更ですが、VAIO TYPE Pのお話です。

出始めたときにWWAN内蔵モデルが未発売だったこともあって、買いそびれておりましたが、どうやら、TYPE PでWWANを選択したときに内蔵されるOPTION GTM382がsim lockを解除できるみたいなので、備忘録。

VAIO TYPE Pに内蔵されるWireless Moduleは

OPTION GTM382

もちろん、DoCoMo用にSIM LOCKがかかっていますので、DoCoMoもしくは、b-モバイルでしか使えません。

方法は2つ。

1)GTM382をunlockする

2)unlock版のNovatel WirelessのEU870Dあたりに載せ替える

2は、分解でかなり大変なのと、パーツの価格が結構高い。いったんWWANモデルにしておかないと、アンテナがなかったりと面倒なので、どのみちGTM382を内蔵したモデルを購入しなければなりません。ということで、1)をやった方がよさそうです。

1)のやり方ですが、世界最大の検索サイトで、「GTM382 sim unlock」と検索するといっぱい出てきます。

DC-unlocker.comとか。2000~3000円です。

これで、渡航先のプリペイドSIMを使うこともできますし、国内において、SOFTBANKのSIMカードを使うこともできます。

もちろん、自己責任でお使いください。

電子レンジで生キャラメルとかができるGEEKなおやつアイテムたち

アマゾン見てたら、自宅で生キャラメルが作れる便利グッズを発見。

自宅にこもりきりの方、外に出るのが面倒な方にはおすすめです。

なんでも、生クリーム、牛乳、ザラメ(砂糖)の3つとあとは電子レンジだけがあれば10分以内に出来てしまうらしいです。

生キャラメルポット

Amazonで2,443円

おもしろそうです。

割と電子レンジだけでできるおやつ作りグッズがたくさんでていて
レンジで作るドーナツメーカー

Amazonで2,840円

とか、

レンジでチンして!ポップコーン(計量スプーン付) RE-166

Amazonで700円(安い!)

ほかに、たい焼きとかありますが、間違いなくたい焼きはいらないので、載せません。

生キャラメルは、そろそろ飽きそうだし、このレンジでポップコーン作るやつ、一番便利かも。

ただし、発送がAmazonじゃないので、プライム入っている人でも、送料がかかるので注意。

SIM LOCK FREE NOKIA E71をイギリスで使う設定

SIM LOCK FREEのノキアE71をイギリスで使う設定方法です。
NOKIA E72でも同じ。

1)T-mobileのPay as you goのsimを手に入れる
2)TOP UPする
3)E71にsimをいれる
4)パケット定額に入る(SMSを送る)

以上で、快適に使えます。
SMSも、ウェブも、Gmailとかもgoogle mapも普通に使えました。
ちょっと地方に行くと、GSMになって、激遅になりますが、それ以外は快適。

ちなみにアクセスポイントの設定はこれらしいけど、もう日本にいるので、確認できません。

Homepage: http://www.t-zones.co.uk/
Access Point: general.t-mobile.uk
Gateway (IP) address :149.254.1.10 (または: 149.254.201.132)
Username : user
Password: wap
Port number: 8080
Authentication: Normal
SMTP: smtp.t-email.co.uk

joiku premiumを買って行ったので、PC接続もそのままいけます。
無線LANで、E71に接続して・・・カードモデムはいらないですね。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Next
Powered by WordPress | Buy free at&t cell phones at BestInCellPhones.com. | Thanks to Verizon cell phone deals, MMO Games and The Diet Solution