NOKIAユーザ向け充電便利グッズ

普通にNOKIA E71を使ってウェブとかを移動中に見ていると、電池が切れてしまうことがあります。

日本のケータイ特にドコモのFOMAとか、ソフトバンクの3Gなんかだと、店とかに充電器があったり、コンビニに行けば、乾電池式の充電器が売っていたりしますが、NOKIA用の充電器がおいてあることはまずありません。(都心であるなら、是非紹介してください)

で、なんとかならないかと考えていたら、こんな商品も見つけて、Amazonで速攻ポチりました。

非常に単純な商品で、FOMAの充電器からNOKIA用の充電器に変換するプラグです。
なかなかニッチな商品を出すところがあるものですと感心。
元がFOMAなので、絶対日本限定だし、NOKIAユーザどれくらいいるんでしょう?

Amazonで売ってます。

ラスタバナナ 充電用 変換アダプタ FOMA/3G→ノキア RBJADN2

充電が切れないという方は、買わなくていいですけど。

たった714円なので、Amazonプライムな人はすぐポチってください。
プライムじゃない人は、800円くらいの何か買うときのために、とりあえず「欲しいものリスト」に。

で、組み合わせで持っていると便利なのが次のこれ。809円なので、さっきのやつとまとめて買うと、プライムじゃなくても、送料無料になります。

僕はNOKIAの他に、FOMAもiPhoneも持ち歩いていて、通話メインは、FOMAなので、
USBのFOMA用充電器を持っています。

PLANEX 「充電万能」FOMA & SoftBank 3G用USB充電ケーブルストレートタイプ BN-3GD-C

さらに便利なのが、

PLANEX 「充電万能」iPod対応 USBモバイル充電器 PL-UCHG01

今日(2009年5月20日現在)Amazonで608円だったりします。

これでこの3種の神器があれば、
1.電源と誰かからFOMAの充電器が調達できれば、充電できる
2.最悪PCさえあれば、電源がなくても充電できる
3.電源があれば、充電できる

という鬼に金棒。

5.ソフトバンクモバイル化(3)Yahooケータイにアクセスする

蛇足的ではありますが、ついでにYahoo!ケータイ(ソフトバンクモバイルのケータイ向けサービス)にもアクセスしましょう。

1.まずは、アクセスポイントから。

Connection name:YaYapn(任意です)
Data bearer:Packet data
Access point name:mailwebservice.softbank.ne.jp
User name:(ここは調べてください)
Prompt password:No
Password:(ここは調べてください)
Authentication:Normal
Homepage:http://ptl/menu/
ここからOption>Advanced Setting
Network type:IPv4
Phone IP address:Automatic
DNS address:Automatic
Proxy server localhost
Proxy port number:8080

で、終わったら、

2.これらをダウンロード
・Python for S60 (PyS60)1.4.4
http://sourceforge.net/projects/pys60
・Python Script Shell
http://sourceforge.net/projects/pys60
・appswitch (unsigned) 1.0.3
http://cyke64.googlepages.com
・envy 1.0.4
http://downloads.sourceforge.net/pyed/envy_3rd_1_0_4_unsigned.SI
・uitricks 1.0.0
http://cyke64.googlepages.com/
・japanese 1.4.11
http://www.geocities.jp/s60_theme/jcodecs/jcodecs.html
あと、
YaYapn0.0.2
http://hiisi-proxy.blogspot.com/2008/12/yayapn-001.html

3.このうち、appswitch (unsigned) 1.0.3、envy 1.0.4、uitricks 1.0.0、YaBrowserはunsignedなので、Open Signed Onlineで署名をつけてください。
署名のつけ方がわからない人は、
基本操作 未承認アプリをインストールする」を見てください。

4.YaYapn以外を全てインストールしてください。
japanese_s60_sjisのディレクトリ名をjapaneseに変更し、E:pythonlib配下に コピーしてください。

5.YaYaPNに入っているCheckAPID.pyをE:Pythonの中(このフォルダがなければ作成してください)にコピー。
menu>Installations>python
option>Rum script>CheckAPID.py

画面にPID=数字 が表示されるのでメモ

6.YaYaPN入っているwaplib.pyを編集
テキストエディタで開き、

APID_WAP = 数字# APID
PROXY_HOST = ‘sbwapproxy.softbank.ne.jp’ # Proxy host
PROXY_PORT = 8080 # Proxy port
PROXY_TYPE = ‘http’ # Proxy type
PROXY = ‘%s://%s:%s/’ % (PROXY_TYPE, PROXY_HOST, str(PROXY_PORT)) # Proxy URL
USER_AGENT = ‘SoftBank/1.0/705NK/NKJ002 Series60/3.0 NokiaN73/3.0716 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1’ # User agent
WAP_PROFILE = ‘”http://nds1.nds.nokia.com/uaprof/NN73-1r100-SB3G.xml”‘

書き換えが終了したら、上書き保存して、E:Pythonlibにコピー

7.YaYaPNとYaBrowserをインストール
初回立ち上げ時に、保存場所を聞かれるので、できればEに。

4.ソフトバンクモバイル化(2)MMSを設定する

次は、MMSを設定します。

なんちゃら@softbank.ne.jpの送受信です。
やり方は、3.とほぼ同じですが、今度はユーザエージェントを偽装しなければなりません。

まずは、アクセスポイントです。

Menu>Tools>Settings>Connection>Access Points
先ほど3.で作ったアクセスポイントを選択した状態で
Option>Duplicate Access Point

変更するのは以下の3カ所
connection name これは好きなモノに(ここではopenmmsとします。)
home page: http://mms/
proxy server address: mmsopen.softbank.ne.jp

で、Menu>Communic>Messaging
Option>Settings>Multimedia message

Access point in use
この項目をクリックして先ほど作ったopenmmsを選択します。

さらに、Softbankでは、E71は発売されていないので

UAを偽装するために↓をダウンロード
http://travelx.org/gsm/nokia/2008/UA_change_e71_1_0_2.sis

ダウンロードしたSISファイルをOpen Signed Onlineで署名をつけてください。
署名のつけ方がわからない人は、
基本操作 未承認アプリをインストールする」を見てください。

署名したファイルをインストールすれば、MMSが使用可能になります。

3.ソフトバンクモバイル化(1)定額制でウェブアクセスする

E71にソフトバンクのSIMを刺すと、PC等を使ってインターネットに接続するときにつかうためのアクセスポイントが、自動設定されます。こちらのアクセスポイントは、将来的にはわかりませんが、基本的に従量制で青天井なので、怖くて使えません。
(ちなみに僕は1週間で7万円でした)

XシリーズやiPhoneで契約しているSIMカードを、せっかくの定額制で使えたら非常に便利です。そのためのアクセスポイントの設定をします。

※これから設定するアクセスポイントは、定額制範囲内でアクセスできることを保証するものではありません。キャリアの対応変更等により、定額でない請求がなされる場合が考えられますので、自己責任でお願いします。

アクセスポイントの設定の仕方
Menu>Tools>Settings>Connection>Access Points
Option>New Access Point

これで設定画面になります。
あとは、項目に従って入力していきます。

定額制ウェブアクセス用(と考えられるもの)

Connection name:open(任意です)
Data bearer:Packet data
Access point name:open.softbank.ne.jp
User name:(ここは調べてください)
Prompt password:No
Password:(ここは調べてください)
Authentication:Normal
Homepage:None
ここからOption>Advanced Setting
Network type:IPv4
Phone IP address:Automatic
DNS address:Automatic
Proxy server address:None
Proxy port number:8080

以上です。
WEBブラウザでアクセスするときにOPENを指定すればよいというだけです。

2.日本語化(2)日本語入力を可能にする

日本語入力環境には、いくつかあります。
+J for S60 M-FEP60 KKJConv

あたりがメジャーどころですが、今回は+J for S60を使用します。
+J for S60は、1ヶ月間の無料お試しがありますが、1ヶ月を経て使い続ける方は、購入する必要があります。

1.+J for S60をダウンロード
環境工学研究所
http://plusj.kthree.co.jp/

2.NOKIA PC SuiteでPlusJforS60_S60_3_0_v_1_10_00_signed.SISを端末にインストール
端末側で何を聞かれても左のボタンを押していけばインストール完了です。
正しくインストールされれば App mgrに
• Matutake for S60
• +J FOR S60
• +J Encoding Changer
がインストールされます。

3.menu>installations>+J環境設定
を立ち上げます。試用しますかみたいなメッセージが出てくるので、OKして、
有効なFEPをクリックして、標準FEPから松茸に変更します。
使用期限まではこれで日本語が使えます。

ライセンスキーを購入した場合は、ライセンスキーの項目に入力して、OPTION>ライセンス登録を選べば完了です。

4.menu>installations>+J Encode Changer
を立ち上げて、自動的起動を「する」にします。

以上で終了です。

SHIFTを押すと松茸のメニューがでるので、入力方式をローマ字にしてください。
(これは、再起動とかをするとこのモードになってしまうことがあります)

ローマ字入力時の簡易マニュアル

・入力文字切替(ローマ字入力時)
 Fn → Ctrl → J :全角ひらがな
 Fn → Ctrl → U:全角英字
 Fn → Ctrl → L :半角英字
 Fn → Ctrl → K :全角カタカナ
 Fn → Ctrl → O :半角カタカナ

・テキスト編集(ローマ字入力時)
 Fn → Ctrl → C:コピー
 Fn → Ctrl → X:カット
 Fn → Ctrl → V:ペースト
 Fn → Ctrl → A:全範囲選択
 Shift + カーソルキー:範囲選択

・その他(ローマ字入力時)
 Fn → Ctrl → D :日付入力(yyyy/mm/dd 形式)
 Fn + 数字キー:各キーに対応する数字/記号入力
 Fn → J長押し:メニュー表示
 Ctrl + M:メニュー表示
Fn→- 長音ー

1.日本語化(1)日本語フォントを設定する

どのキャリアで使うとしても、まずは日本語を打てるようにならなければなりません。日本語化の第一歩は、日本語入力環境の整備です。

標準環境では、中国語対応ファームでは日本語の表示ができたりはしますが、FEPもないので、いずれにしてもインストールが必要です。次のステップで好みの日本語フォントをいれますので、まずは、日本語入力環境です。
この日本語化では、メニュー等の表示は、基本英語のままです。

日本語メニューのE71は、ヨーロッパとタイにおいては、
a2network
http://www.a2network.jp/
というブランドで販売されているようですし、

携帯電話工房
http://kd-koubou.com/nokia-keitai/nokia-e71.php
では、オプションサービスでやってくれるようですが、
僕はやり方をしらないので、もしご存じの方は教えてください。

今回の日本語化はあくまでも日本語環境で使える状況にするというものです。

いずれにしても、自分の好みの日本語フォントをまず入れましょう。
面倒な人は、

環境工学研究所 
http://plusj.kthree.co.jp/install.html
の英語版フォントでもダウンロードしてインストールしてください。
※かならずマイクロSDにインストールしてください。アンインストールでトラブったときに、復活できなくなります。(僕のように)

 1.PC SUITEに”EJFontForS60_S60_3_0_v_1_10_0.SIS”ドラッグアンドドロップして、端末にインストールしてください。
 2.インストール完了後は、再起動してお使いください。
   インストールしたフォントが有効になります。

で、自分の好きなフォントを入れたいという方はここからの方法をお試しください。

1.FontRouterをダウンロード
http://fontrouter.oasisfeng.com/archives/FontRouter.LT.for.v9.Build20071109.opensigned.sis

ダウンロードしたSISファイルをOpen Signed Onlineで署名をつけてください。
署名のつけ方がわからない人は、
基本操作 未承認アプリをインストールする」を見てください。

2.FontRoutermanをダウンロード
http://www.easy-share.com/1903647951/FontRouterMan,%20GUI%20for%20FontRouter%20LT.rar
※rarの解凍ができない人は、ググってください。

3.上記2つのアプリをインストール(Eドライブに)

4.E:detafontにttfをコピー
 opentypeのフォントを用意してください。
 よくわからない人は、
僕と同じM+1MN+IPAG-nokiaE61i_75.ttfとかどうでしょう?
http://ayati.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/nokia75-1992.html
からダウンロードして、.E:detafont配下にM+1MN+IPAG-nokiaE61i_75.ttfをコピーします。

7)Menu>Installations>FontRoutermanをクリックして
FontRoutermanを起動します。
options>openfont>E:memoryCard>date>Fonts>お好きなfont(ここでは、M+1MN+IPAG-nokiaE61i_75)を選択してください。

8)再起動で反映されます。

NOKIA E71 日本使用のためのセットアップマニュアル

いろいろ設定をしたのに、EJ FONTがアンインストールできなくなってしまったので、一旦リセットして、全部一からやり直します。

せっかくなので、海外版NOKIA E71を日本で使用できるまでにセットアップする手順をBLOGにあげながら再現していこうと思います。

その前にハードリセットします。やり方は、基本操作 E71コマンド一覧で。
(これは僕の場合だけ。買ったばっかりの人はもちろんやる必要はありません)

1.日本語化(1)日本語フォントを設定する
2.日本語化(2)日本語入力を可能にする
3.ソフトバンクモバイル化(1)定額制でウェブアクセスする
4.ソフトバンクモバイル化(2)MMSを設定する
5.ソフトバンクモバイル化(3)Yahooケータイにアクセスする
6.GMAILを設定する
7.メールをプッシュで読む

ドコモでパケット定額対象で使用するための設定は次回。

ドコモ化 E71をドコモ定額制でウェブアクセスする

2009年4月1日からパケホーダイダブルが改訂されました。
今まで青天井だった、パソコンなどを接続してのパケット通信にも上限が設定されました。

sim lock freeの端末でのパケット通信は、ドコモでは、「パソコンなど」の中に入るようなので、ついにNOKIA E71での通信もドコモでパケット定額対象になったことになります。

まず、パケホーダイダブルに入会して、moperaUに入って、
以下の設定をすれば、らしいです。

151に電話して聞いてみてください。

設定方法は、
menu>Tools>Settings>Connection>Access Point
Option>New Access Point
でmoperaアクセス条件を作成する。

    Connection Name -> 適当にmoperaとかなんでも
    Data Bearer -> Packet Data
    Access point name -> mopera.net
    User name -> 契約時のID
    Prompt password -> No
    Password -> 契約時のパスワード
    Authentication -> Secure
    Homepage -> お好きに

これでいけるみたいです。
ついに、Sim Lock Free端末でDoCoMoパケット定額の時代がやって参りました。

とはいえ、上限は13,650円(税込)なので、割と高いですけど。

iPhoneをドコモで使うときにもこれを参考にやればいけるみたいです。(未確認)
    

基本操作 E71 コマンド

使いそうな奴だけピックアップ
最後の行のやつはあんまり使いたくないですが。

*#0000# ファームウェアのバージョン
*#06#  IMEI
*#62209526# WiFi MACアドレス
*#2820#    Bluetooth MACアドレス
*#7370#   +PIN「12345」(初期値) 設定リセット

工場出荷状態に戻すリセット 通話+3+*を同時に押しながら電源オン

基本操作 +J FOR s60簡易操作マニュアル

ローマ字入力時の簡易マニュアル

・入力文字切替(ローマ字入力時)
 Fn → Ctrl → J :全角ひらがな
 Fn → Ctrl → U:全角英字
 Fn → Ctrl → L :半角英字
 Fn → Ctrl → K :全角カタカナ
 Fn → Ctrl → O :半角カタカナ

・テキスト編集(ローマ字入力時)
 Fn → Ctrl → C:コピー
 Fn → Ctrl → X:カット
 Fn → Ctrl → V:ペースト
 Fn → Ctrl → A:全範囲選択
 Shift + カーソルキー:範囲選択

・その他(ローマ字入力時)
 Fn → Ctrl → D :日付入力(yyyy/mm/dd 形式)
 Fn + 数字キー:各キーに対応する数字/記号入力
 Fn → J長押し:メニュー表示
 Ctrl + M:メニュー表示
Fn→- 長音ー

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Next
Powered by WordPress | Buy free at&t cell phones at BestInCellPhones.com. | Thanks to Verizon cell phone deals, MMO Games and The Diet Solution