US版新しいiPad(iPad3)SIM LOCK フリーは、日本で修理できるのか?

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket
Share on GREE

 

ということで前回に引き続き、US版新しいiPad(iPad3)SIM LOCK フリーのお話。

階段から落としてしまいまして、写真の通り、柔らかいアルミの部分がえぐれてしまいました。購入して、30日以内なので、Apple Care+に今から入れば、4,400円で直るだろってことで、軽い気持ちでApple Store渋谷店に相談に行きました。

US版のiPad3rdを壊してしまって、Apple Care+に入りたいという人も、修理したいという人も初だったらしく、何人か店員さんが話しあって確認をしなければならないということになりました。どうやら、Apple Careと違って、入り方にも制限があるのだそうで。そもそも、USのiPad3を日本で修理できるのかも確認とのこと。

で、わかったこと。
よく知らなかったのですが、Apple Care+のおさらいをすると、

Apple Careと違って、故障以外に不慮の事故で落としたりしたとしても、2回まで、4,400円で直すことができるというサービス。加入するには、1.購入時に一緒に 2.購入から30日以内にジーニアスバーで 3.購入して30日以内に電話で購入証明をして加入の3つ。加入費用はiPad3rdの場合8800円。

ちなみに、iPad3rdの修理費用は、他のApple製品同様、交換修理なので、一律26,000円くらいかかる。

すでに壊してしまった場合には、ジーニアスバーで修理をして直した時であれば、特別に加入できるという裏技があるとのことでした。

ここで疑問が浮かぶ。
Q1.アメリカで加入したAppleCare+は、日本で4400円での修理となるのか?

A1.Apple Care+は、国ごとの適用となるので、加入した国のみで適用とのこと。
(アメリカのAppleに電話して、購入証明して、加入したら、今回の修理も4400円で・・・という甘い考えは終了)

2012年4月4日追記

交換修理はしてもらえますが、日本版のiPad3rdのSIM LOCK解除版に交換されます。

では、
Q2.US版iPad3は、日本で加入できるのか?

A2.これは残念ながら、加入できないと言われました。

2012年4月4日追記

加入できないと言われましたが、Apple Store銀座では、加入出来ました。(追記終わり)

では、そもそも、US版のiPad3の修理を日本のApple Storeでできるのかについては、修理できるそうです。

2012年4月4日追記

交換修理はしてもらえますが、日本版のiPad3rdのSIM LOCK解除版に交換されます。(追記終わり)

 

いずれにしても、26,000円近くの修理代が、手に入れてわずか1週間でかかるのは癪なので、一旦退散して、動産保険の適用ができるかを調べました。

今回のポイントは、1.米国から 2,通販で買っている。3.国内で使用中(階段で使っていて手を滑らして落とした)に不慮の事故を起こした。

決済は、ユナイテッドエアラインのマイレージプラスセゾンゴールドカードVISA。このカードには、アメックスでいうショッピングプロテクションと同様、ショッピング安心保険というのが、ついています。

ショッピング安心保険:
「国内でカードでお求めのほとんどの商品の、破損・盗難などの損害を補償
年間最高100万円ご購入日から90日間」

普通のゴールドカード《セゾン》なら国内外とあるのですが、なぜか、国内とあります。電話で問い合わせてみたところ、海外のサイトからの通販は保険の対象外とのこと。もう、海外通販では、使うのをやめます。

次にAMEXでは、購入していませんが、AMEXのプラチナカード付帯のホームウェア・プロテクションに確認。

「現在お持ちの電化製品・パソコンやカメラ等が万一破損した場合でもプラチナ・カードでのご購入の有無に拘わらずご使用期間に応じて、ご購入金額の50%〜100%を保証いたします。」

ただし、携帯電話・PHSは対象外というのが、ネック。
電話で問い合わせてみたところ、海外の通販でももちろんOK。iPadは、携帯電話扱いではなく、家電として対象になるそうです。

ということで、無事、修理代はOKとのことなので、その後、Apple Store銀座のジーニアスバーを予約して、交換修理をすることにしました。

US製ということで、再度確認があり、在庫もあったとのことなので、早速、交換修理といくところだったのですが、その際に、修理と同時であれば、4,800円でApple Care+に加入できるとのオファーをいただきました。どっちなんでしょう?

交換用のiPad3が用意された時に、ジーニアスが、iPadのSIM LOCKは、SIM LOCK FREE版が存在するのではなくて、ソフトバンク用が全世界で唯一ドコモに対してのみロックする仕様なだけだと説明を始める。

Appleの規定上は、AT&TのiPad3は、AT&TのSIMでアクティベートすることが決まりとなっているのですが、徹底されていないので、ドコモのSIMでアクティベートして、ちゃんとアクティベートできなければ、手続きを今回は行わず、付属していたAT&TのSIMをお持ちいただいて、再度アクティベートして交換修理手続きをさせて頂きます。(購入した時には、アクティベート前にAT&TのSIMを抜いて、ドコモのSIMでアクティベートしたのですが、それは、徹底されていないからということでしょう)

ドコモのSIMでアクティベートしようとしたのですが、アクティベートできなかったので、再度AT&TのSIMを持ってApple Storeへ行き、交換修理をすることになりまいた。さて、その時に、再び、Apple Care+に加入できるのでしょうか?

いずれにしても、US版iPad3は、日本で修理できます。

2012年4月2日追記

Apple Store銀座で、無事、交換修理完了。アクティベーションは、AT&Tで。アクティベートから30分くらいの間は、ドコモのSIMに入れ替えると、強制再起動がかかり、再アクティベーションを要求され、このSIMではアクティベーションできませんと表示されるので、再びAT&TのSIMを入れてというくり返しでした。これは、SIM LOCK FREE版というハードがあるのではなく、アップルのデータベースに、SIM LOCK FREEとの登録をして反映されるのに多少時間がかかるからという説明でした。

渋谷店では、US版のiPadは、Apple Care+への加入不可。1回目の銀座店では、修理と同時加入で4800円で加入可と言われ、今回は、通常の8800円支払って、Apple Care+に加入することができました。

 

2012年4月3日追記

ちゃんとUS版に交換してもらったはずだったんですが、なぜか、DOCOMOのSIMでつながらない。おかしいなと思ってPRODUCT NUMBERも最後の品番がJで終わる、要は日本仕様。カメラのシャッター音も消音されない。ひどすぎる。Apple Store銀座では、1時間放置されて、クレジットカードで2重処理をされて、結局別のクレジットカードに返金するというお粗末さ。しかも、アクティベーションも、復元も、その間にセルフで行った。明日、Apple Care+に電話してみますが。

2012年4月3日追記

結局、日本で交換修理をすると、US版ではなくて、日本版のハードのSIM LOCKを解除したものを渡されるとのこと。なので、カメラのシャッター音は、鳴る仕様になっているのがデフォ。ちなみに、交換修理は、新品もしくは再生品なので、ごくまれに、にほん以外のハードがrefurbishされて、渡される時があり、その際には、例え、ソフトバンク版からの交換だとしても、シャッター音が鳴らないことがあるらしい。
ドコモが繋がらない件は、Apple Storeに行く前にドコモショップで解決したんだけど、カメラのシャッター音については、解決しない。そんな説明を受けていないと言ったら、2年(Apple Care+の有効期間)以内に米国のどこのApple Storeであっても、US版に交換してくれるよう手配してくれるとのこと。その間に他のシリアルの端末に交換とかがなければ、大丈夫なようにしておくと言われました。

海外版のiOS搭載端末を国内で修理する方は、ご注意。

Related Articles:

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket
Share on GREE

You can leave a response, or trackback from your own site.
Powered by WordPress | Buy free at&t cell phones at BestInCellPhones.com. | Thanks to Verizon cell phone deals, MMO Games and The Diet Solution